So-net無料ブログ作成
検索選択

特別会計、原則廃止を=民主の政策研が提言(時事通信)

 民主党の「特別会計改革議員政策研究会」は21日、特会の原則廃止を柱とする提言をまとめた。特会の剰余金や積立金など「埋蔵金」を国の借金返済にも充て、財政健全化に役立てることも盛り込んだ。今夏の参院選マニフェスト(政権公約)への反映を目指す。
 提言は、特会が国の財政状況を分かりにくくし、無駄遣いの温床になっていると指摘。財政を一般会計と一元化し、国の収支を明確にするよう求めた。また、マニフェストに特会改革の実施を明記する必要性を強調した。 

<行政透明化>検討チーム初会合 6月をめどに関連法改正案(毎日新聞)
引きこもりの容疑者、口論絶えず…5人殺傷(読売新聞)
学力テスト「参加希望校」採点に手回らず断念も(読売新聞)
警察手帳偽造、タイヤの値引き交渉中にちらつかせる 警察署協議会委員の男書類送検(産経新聞)
<地震>新潟・胎内市で震度4=午後4時38分(毎日新聞)

平野氏交代を要求=「知事欠席要請なら侮辱」−民主沖縄代表(時事通信)

 民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は21日、衆院議員会館で記者会見し、平野博文官房長官が仲井真弘多沖縄県知事に電話したことに関し、「沖縄県民に対する歴史的侮辱だ。もしそういう事実があるなら、内閣を早く改造してほしい」と述べ、官房長官交代を求めた。平野氏は知事に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する県民集会への出席を自粛するよう求めたとみられ、喜納氏はこうした動きを批判したものだ。
 会見には民主、社民、共産各党などの沖縄県出身の国会議員6人が出席。県民大会に向け、政府が検討しているキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)を含め、あらゆる県内移設案に反対する共同アピールも発表した。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

舛添氏、23日に新党旗揚げ=22日離党届(時事通信)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も−兵庫県立大(時事通信)
「友愛」で日本は守れない 岡田外交“不作為”の意味 (産経新聞)
エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園(産経新聞)
米紙に「哀れで頭おかしい」  ここまで言われる鳩山首相(J-CASTニュース)

田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)

<火災>民家全焼 女性1人死亡 岐阜・各務原(毎日新聞)

 11日午後9時10分ごろ、岐阜県各務原市新鵜沼台3の無職、中山佳洋(よしひろ)さん(73)方から出火、木造瓦ぶき2階建て住宅約145平方メートルを全焼した。焼け跡から女性の焼死体が見つかり、県警各務原署は行方の分からなくなっている妻喜代子さん(67)とみて調べている。

 同署によると、中山さん方は夫婦2人暮らし。中山さんは逃げて無事だった。現場はJR高山線鵜沼駅の北東1.5キロの住宅街。【立松勝】

【関連ニュース
住宅火災:2人が死亡…長野・上田
川崎マンション火災:重体の4歳次男も死亡
2児死亡火災:意識不明の重体だった祖母も死亡 川崎
火災:ゴルフスイングで火花? ゴルフ場の芝焼ける 宮城
火災:2人不明の民家全焼、焼け跡に1遺体…愛知・蒲郡

有事の核持ち込みで質問状=佐世保市長(時事通信)
喫煙率、男性は減少傾向、女性は30、40歳代で増加傾向(医療介護CBニュース)
普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に(産経新聞)
ペット葬儀、トラブル多発「法規制必要」(産経新聞)
銀座にカーネーションの花壇(産経新聞)

<NHK>「みんなのうた」に不適切映像 画像を修正へ(毎日新聞)

 NHKは2日、「みんなのうた」の楽曲「コンピューターおばあちゃん」に不適切な映像が含まれていたとして、画像を修正すると発表した。

 映像は1981年に制作。09年まで何度か放送されていたが、今年2月、DVDに収録された映像を見た人からの指摘を受け、調査したところ、女性の尻や胸、下着姿の写真計3カットが0.1秒ずつ含まれていた。

 04年に発行、通信販売されたDVD約4900、ビデオ約300セットについては、購入者全員に修正版を送付するという。

 NHK広報局は「ファミリー向け番組としてより適切な表現を期すことにした」と話している。

【関連ニュース
池田綾子:子供たちに歌声のプレゼント 京都府立医大病院で「マってるぼうず」コンサート

遺棄容疑で出頭男を逮捕 スーツケース女性切断遺体 殺害も認める 石川県警(産経新聞)
閉鎖的な組織風土 虐待問題で厚労省が報告書(産経新聞)
<大丸東京店>12階の店から煙 客ら300人が一時避難(毎日新聞)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
<阿久根市長>賃金不払い容疑で元係長の弁護士が告発(毎日新聞)

高齢者が地域社会で安心して暮らせる仕組みを―国交省がフォーラム(医療介護CBニュース)

 国土交通省は3月29日、「高齢者『いき〜iki』まちづくりフォーラム」を東京都内で開いた。疲弊や空洞化などの課題が顕著になってきたとされる地域の中心市街地で、高齢者が安心して居住できる体制の構築に向けた取り組みが各講演者から紹介された。

 兵庫県の社会福祉法人「きらくえん」の市川禮子理事長は、「地域に根差すノーマライゼーションの取り組み」と題して講演。同法人が運営する特別養護老人ホーム「あしや喜楽苑」(芦屋市)では、「福祉は文化」を標榜。地域交流スペースを作り、絵画のギャラリーや、ジャズやクラシックのコンサートを催すなどしており、1か月間で延べ4000人の地域住民が訪れるという。市川氏は「特養が明るく華やかで、楽しいところでないと地域の文化の拠点になれない」と指摘した。また、「けま喜楽苑」(尼崎市)では、入所者と共に市街地の居酒屋や百貨店などに外出することがあると紹介し、「(入所者が)わたしたちと同じことをしないといけない。そうしないと地域も特養に目を向けてくれない。単にケアを受ける場ではなく、本当の生活に戻っていく場にしなければならない」と訴えた。

 また、蝦名大也釧路市長は、郊外に住む高齢者らが安心して暮らせる中心市街地の住まいとコミュニティーの再生を目指す「釧路市ライフケアビレッジ構想」について報告。地域の建物を活用した「共同生活型高齢者住宅」での共同生活の実現を支援したり、地域住民やNPO法人などが交流の場を設置し、見守りや生活援助などを展開したりする仕組みを紹介した。

 このほか北大大学院の越澤明教授は、高齢者が中心商店街に住み、安心して買い物ができるような街づくり政策の必要性を指摘した。

■2025年、介護施設は「特別な住居」に?―厚労省・三輪審議官
 厚生労働省の三輪和夫大臣官房審議官は、「介護保険制度の課題と展望」と題して講演した中で、日常生活圏域で生活支援サービスが適切に提供される「地域包括ケアシステム」について説明。現状については、「人がケアに合わせるしくみ」と述べ、利用者が心身の状態に応じて、施設を転々としなければならないと指摘。これに対し、「厚労省として決めているわけではなく、議論の紹介」と前置きした上で、2025年のケアの在り方として、高齢者が住む場所を変更することなく、必要なサービスが「外付け」で提供される「ケアを人に合わせるしくみ」を目指すべきと主張。介護保険施設については、特定の機能を持つ一部の施設を除いて「特別な住居」になるとした。


【関連記事】
群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定
ケア付き高齢者向け住宅の選び方で小冊子―東京都
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議

「子供たちの夢奪った」ペコちゃん盗に執行猶予付き判決(産経新聞)
<火災>駅新設現場の壁焼き1人けが 東京・羽田(毎日新聞)
<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
<天窓転落>校長ら略式起訴 杉並の小学校(毎日新聞)
相次ぐ赤ちゃん事故 「カンガルーケア」実施に慎重さ求める動き(産経新聞)

殺害女性のおいを逮捕=カードで現金、窃盗容疑−兵庫県警(時事通信)

 兵庫県三田市弥生が丘の自宅で無職大下タヨリさん(84)が殺害されているのが見つかった事件で、県警捜査1課などは31日、大下さんのキャッシュカードで不正に現金引き出したとして、神戸市兵庫区駅南通、無職山本学容疑者(47)を窃盗容疑で逮捕した。同容疑者は大下さんのおいで遺体の第一発見者。2人にトラブルがあったといい、同課は死亡についても事情を知っている可能性があるとみて調べる
 同課によると、「伯母に引き出しを頼まれた」と、窃盗容疑を否認している。 

【関連ニュース
竪山容疑者を追起訴=女性への強盗致傷、窃盗で
服役中の男に死刑求刑=薬局経営女性の強盗殺人
振り込め詐欺防止活動中に窃盗=ATMから5万円
警視庁警部補を逮捕=女性衣類の窃盗未遂容疑
重文の大日如来坐像盗まれる=無人の寺、鉄扉こじ開け

<自民党>鳩山邦夫氏の離党届受理 参院選にらみ処分できず(毎日新聞)
介護中の妻の首絞め殺害、容疑の72歳夫逮捕(読売新聞)
足利事件再審 判決要旨(4)(産経新聞)
平成の大合併に幕=改正特例法が成立(時事通信)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。